資金調達のノウハウを紹介する情報サイト

資金調達情報 2024年2月7日

【中小企業庁・中小機構】ものづくり補助金第18次公募を開始

中小企業庁と中小機構は、中小企業・小規模事業者が生産性を向上させるために必要な設備投資などを支援する「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(ものづくり補助金)」の第18次公募を開始した。3月1日から申請を受け付け、3月27日に締め切る。

公募は「省力化(オーダーメイド)枠」、「製品・サービス高付加価値化枠」「グローバル枠」の3枠を実施。「製品・サービス高付加価値化枠」では、「通常類型」に加え、今後成長が見込まれる分野(DX・GX)に資する取り組みを支援する「成長分野進出類型(DX・GX)」が新設された。

「省力化(オーダーメイド)枠」は、人手不足の解消に向けてデジタル技術を活用した専用設備などの導入を支援する。補助上限は、従業員数に応じて750万円~8000万円で、補助率は3分の1~2分の1(小規模事業者などは3分の1~3分の2)。

革新的な製品・サービス開発の取り組みに必要な設備・システム投資などを支援する「製品・サービス高付加価値化枠」は、「通常類型」が750万円~1250万円。補助率は2分の1(同3分の2)。「成長分野進出類型」が1000万円~2500万円で、補助率は3分の2。

また、「グローバル枠」は、海外事業を実施し、国内の生産性を高める取り組みに必要な設備・システム投資などを支援。補助上限額は3000万円。補助率は2分の1(同3分の2)。

大幅な賃上げに取り組む事業者については、従業員数や申請枠・類型に応じて補助上限額を最大100万円~2000万円引き上げる。

<中小企業生産性革命推進事業>「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」 (18 次締切)の公募を開始しました 詳細はこちらから

  • 情報種別: 資金調達情報
  • 募集期間: 2024年1月31日 から 2024年3月27日 まで
お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 資金調達のミカタでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記メールアドレスにてお問合せください。

株式会社ベクターホールディングス
kigyou@vector.co.jp

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
飲食開業 情報サイト
Vectorソフト販売サイト
Vector PCショップ
LINE公式追加はこちら
公式Twitter始めました