資金調達のノウハウを紹介する情報サイト

ニュース 2023年12月5日

【日本商工会議所】2023年11月の「商工会議所LOBO(早期景気観測)調査」


日本商工会議所がまとめた11月の「商工会議所LOBO(早期景気観測)調査」によると、全産業合計の業況DI(好転と回答した割合から悪化と答えた割合を差し引いた値)はマイナス9.7となり、前月比0.8ポイント改善した。原材料価格や人件費の高騰などのコスト高に見合う十分な価格転嫁ができない中、人手不足も深刻化し、中小企業の業況は一進一退の足踏みが続いている。

業種別にみると、建設業はマイナス11.7となり、2.6ポイント改善した。受注が堅調な公共工事が下支えした。卸売業は、飲食・宿泊業からの飲食品関連の引き合いが増加し、マイナス12.0と8.6ポイント改善した。

一方、製造業はマイナス10.2となり、0.9ポイント悪化した。自動車関連が好調な半面、円安による輸入部材の高騰で横ばい圏内にとどまった。サービス業はプラス0.2となり、0.2ポイントの改善。飲食・宿泊業で客足が回復基調にあるものの、エネルギー価格の上昇などのコスト増が足を引っ張っている。小売業はマイナス18.7となり、2.7ポイント悪化した。物価高による買い控えが継続していることが反映された。

12月~2024年2月の先行き見通しは、マイナス13.6で11月に比べて3.9ポイント悪化すると見込んでいる。クリスマスや年末年始の個人消費の拡大、インバウンドをはじめとする観光需要が期待されるものの、コスト増が企業収益を圧迫する状況が続いている。欧州・中国の景気減速など先行きの不透明感はぬぐえず、慎重な見方が続いている。

調査は、全国328商工会議所の会員 2474社を対象に11月14~20日に実施され、有効回答数は1929社(回答率78.0%)だった。

【日本商工会議所】2023年11月の「商工会議所LOBO(早期景気観測)調査」 詳細はこちらから
https://cci-lobo.jcci.or.jp/wp-content/uploads/2023/11/LOBO202311.pdf

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 資金調達のミカタでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記メールアドレスにてお問合せください。

株式会社ベクターホールディングス
kigyou@vector.co.jp

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
飲食開業 情報サイト
Vectorソフト販売サイト
Vector PCショップ
LINE公式追加はこちら
公式Twitter始めました